住宅ローン借り換えで引きとめられたらどうする?

金融機関の取り扱い商品の中でも、特に金額の大きいローンとして、住宅ローンがあります。
人生最大の買い物と言われるマイホームは、ほとんどの家庭が、住宅ローンを組んでいるのではないでしょうか。
住宅ローンは、高額低金利ローンの一種ですが、たった1%の金利差が大きく返済総額にかかわってくるため、他社への借り換えを考える人が多い分野のローンでもあります。
そのため、どこの金融機関も借り換えてもらおうと工夫したり、自社の住宅ローンから借り換えを検討している人を、あれこれ交渉して引きとめたりと必死です。
そういう私も以前、住宅ローン借り換えを検討した際に、借り換えをしないように引きとめられ、金利を0.
5%引き下げてもらうことができました。
金融機関によって、引きとめ交渉があったりなかったりするようですが、私は引き下げてもらえたことで借り換えの手間がかからず良かったです。