生命保険比較税金は?

【生命保険と税金との関係は複雑】生命保険に関わりあいのある税金は所得税、贈与税、相続税に3つではないでしょうか。
ただし保険料を支払っている人と保険金受取人は同一である場合は所得税だけです。
贈与税や相続税がかかってくるのは保険料を支払う人と保険金を受け取る人が同一でない場合です。
この場合対象になるのは満期金、年金、死亡保険金などです。
でもこれらに対して必ず税金がかかるかといえばそうでもなく、税金がかからない保険もあるのです。
それらは高度障害保険金、入通・通院・手術給付金、介護関連の年金と一時金、それにリビングニーズ特約によって受け取る保険金などです。
このように生命保険は保険金の受取人の違いや保険の種類によって税金の種類や課税の有無は多様ですから、自分の加入している生命保険と税金との関係は早めに確認しておく必要があります。
生命保険見直しのコツとは?【死亡保障・医療保障の決め方】